SDGs

SDGS(持続可能な開発目標)は、国連サミットで採択された世界共通の計画・目標のことです。その中でリサイクル事業を行う私たちに深く関わってくる項目が、目標11の「住み続けられるまちづくりを」、目標12の「つくる責任 つかう責任」になります。

近藤商店ではこれらの目標のもと、環境への取組み、近隣環境への取組みに力を入れ、皆様が笑顔で暮らせる未来づくりと「地球にやさしい社会」の実現に向けて今後も精力的に活動してまいります。

環境への取組み

私たちの生活の中でつくられたものは、消費され、いずれは産業廃棄物として排出されます。ただ資源を消費していくだけでは産業廃棄物が増え、環境に悪影響が及んでしまいます。

環境への悪影響を最小限に抑え、持続可能な世界を維持するために、私たちはこれからもリサイクル事業を通して限りある資源の有効活用を促進する活動を続けて参ります。

近隣環境への取組み

私たちが昭和34年から長年、リサイクル業を続けられているのは地域の皆様に支えられているおかげだと心から感謝しております。その感謝を形として返すために、近藤商店では地域の皆様が快適・笑顔で住み続けられるまちづくりを行いたいと考えております。そのために、今後も鉄・非鉄・古紙回収や家電の回収・運搬、リサイクルを行うことで、ゴミの少ない健全で綺麗な生活環境の保全に努めて参ります。